PRESS

Photo: PRESS

セリーヌ・ディオンは体調不良を受けて新型コロナウイルスの検査を受けていたことが明らかになっている。

セリーヌ・ディオンは昨年11月に12作目となる英語詞によるアルバム『カレッジ』をリリースしており、現在アルバムを引っ提げたツアーを行っている。

しかし、体調を崩したために3月11日に予定されていたワシントンD.C.公演と3月13日に予定されていたピッツバーグ公演を延期することを発表しており、それぞれ11月16日と11月18日に振り返られる。

この延期を受けて、セリーヌ・ディオン側は声明を発表している。「ニューヨーク地域での6公演を終えた翌日の月曜日の夜、セリーヌは風邪の兆候を感じ始め、風邪の症状は火曜日まで続き、今後5〜7日休むよう医師に指示されました。検査の結果、医師は彼女のウイルスはCOVID-19とは関係ないと結論づけています」

先日、セリーヌ・ディオンはスポティファイ・シングルズでクリス・アイザックをカヴァーした音源が公開されている。

これはスポティファイ限定のオリジナル・プログラム「スポティファイ・シングルズ」のためにニューヨークのエレクトリック・レディー・スタジオでレコーディングされたものとなっている。スポティファイ・シングルズにはこれまでにテイラー・スウィフト、ジョン・レジェンド、サム・スミス、マイリー・サイラス、ジェニファー・ロペス、ナイル・ホーラン、ノラ・ジョーンズら、250を超えるアーティストが参加し、500曲以上がリリースされている。

音源はこちらから。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ