PRESS

Photo: PRESS

ビリー・アイリッシュは“bad guy”が2019年に全世界で最も売れたシングルになったことが明らかになっている。

これは国際レコード産業協会によって発表されたもので、2019年全世界で最も売れたシングルを意味する「ビゲスト・グローバル・シングル・オブ・2019」に認定されている。

約1950万枚相当の売り上げを記録した“bad guy”は、リル・ナズ・Xの“Old Town Road”やアリアナ・グランデの“7 rings”、レディー・ガガとブラッドリー・クーパーの“Shallow”といった楽曲を制して首位を獲得している。

“bad guy”はスポティファイが発表した2019年度の「世界で最も再生された楽曲」ランキングで2位を、Shazamでの検索ランキングでは1位を獲得している。

国際レコード産業協会の最高経営責任者であるフランシス・ムーアは公式声明で次のように述べている。「ビリー・アイリッシュはその素晴らしい歌声とジャンルを超えたサウンドで世界を席巻しました。また彼女は、世界中のファンが強く共鳴できる歌詞を通して、メンタルヘルスなどの重要な社会問題を提起しているアーティストでもあります。間違いなく新たな傑出した一年になるであろう今年、彼女のさらなる成功を願っています」

ビリー・アイリッシュは現地時間3月9日よりマイアミのアメリカン・エアラインズ・アリーナから「ホエア・ドゥ・ウィー・ゴー?」ツアーをスタートさせている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ