GETTY

Photo: GETTY

アップルは、アップル・ミュージックと共に開始したインターネット・ラジオとストーリーミング・アプリの「Beats Music」を11月30日をもって終了すると発表している。

元々ドクター・ドレーとジミー・アイオヴィンによって2014年1月に立ち上げられた「Beats Music」だったが、ビーツ・エレクトロニクスを昨年買収する際、アップルはこのサービスも取得していた。

有料会員は、今月末で「Beats Music」が終了した際に、これまでの聴取データと設定をアップル・ミュージックのプラットフォームに移行することができるという。

サポート・ページに掲載された文章で、アップルは有料会員にメールを送ったとしている。「『Beats Music』は11月30日をもって終了します。登録は抹消されることになります。ただし、選択されたデータや設定はアップル・ミュージックに移行することが可能です」

アップルによれば、アップル・ミュージックの新たなユーザーには、「これまでに聴いてきて気に入っている音楽を元にしたおすすめ機能や、24時間/週7日放送されているグローバル・ラジオ『Beats 1』、あなたのお気に入りのアーティストによる刺激的なコンテンツ」が提供されるという。

アップル・ミュージックは今年6月に、元BBCラジオ1のゼイン・ロウや、クイーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジのジョシュ・オム、セイント・ヴィンセントといった名の知れた音楽界のパーソナリティによるラジオ放送を提供している。

アップル・ミュージックは1ヶ月定額で無制限に音楽を聴くことのできるストリーミング・サービスも提供しているが、ノエル・ギャラガーテイラー・スウィフトは批判を向けており、なかでもテイラー・スウィフトは音楽のライセンスに対してミュージシャンに対する十分な報酬が支払われているかどうかに疑問を投げかけることになった。

ライバルのスポティファイは自身の「イン・レジデンス」というラジオ番組を立ち上げ、アップル・ミュージックに対抗しており、セックス・ピストルズのスティーヴ・ジョーンズやザ・ストリーツのマイク・スキナーが出演している。

【独占配信】ドキュメンタリー『ボン・ジョヴィ:Thank You, Good Night』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ