PRESS

Photo: PRESS

ラウヴはアメリカのテレビ番組で“Modern Loneliness”を披露したパフォーマンス映像が公開されている。

ラウヴは先週、デビュー・アルバム『~ハウ・アイム・フィーリング~』をリリースしている。

「ザ・トゥナイト・ショウ・スターリング・ジミー・ファロン」に出演した映像はこちらから。

ラウヴは“Modern Loneliness”について次のように語っている。「“Modern Loneliness”は、これまで作った曲の中で最も重要な曲なんだ。僕らはいつも周りの人々に囲まれて新しい知り合いも作りながら、日々様々な膨大な情報に接していて、ある意味ずっといろいろな人や情報と繋がっているような感覚を覚えていると思う。だけど巷には孤独が溢れていて、僕らもそれを感じている。でも、そこには僕らのために用意されたたくさんの愛も存在するし、この曲がそのような愛を掴むきっかけになればと願ってるよ」

ラウヴはデビュー・アルバムについて次のように続けている。「『~ハウ・アイム・フィーリング~』は人の人格、またその中にも様々な観点が内包されていることを描いた作品なんだ。それで今回僕は6つのそれぞれ違った自分のキャラクターを作った。紫は”実際に存在している僕”、青は”夢見がちで可哀想な僕”、緑は”間抜けな僕”、黄色は”ポジティヴな僕”、オレンジは”やんちゃな僕”、そして赤は”刺激的な僕”、これらのすべてで僕という人間が出来上がっているんだ。これまで発表して来た作品はそれぞれすべて一つの側面だけにフォーカスを当てたものだったんだけど、このデビュー・アルバムで初めて自分自身を司るすべてのパーツをまとめることができた」

アルバムのストリーミングはこちらから。

Copyright © 2022 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ