GETTY

Photo: GETTY

モーターヘッドのフロントマンであるレミー・キルミスターが、11日に逝去したバンドの元ドラマー、フィルシー・“アニマル”・テイラーに対して哀悼の意を表している。

フィルシー・テイラーは1975年から1984年までモーターヘッドのメンバーを務めたあと、1987年から1992年の間、再びバンドに加わっている。

レミー・キルミスターは『クラシック・ロック』誌に対して、バンドの元メンバーを失い「ショックを受けている」と述べている。また彼は、2011年に逝去したバンドの元ギタリストであるマイケル・“ワーゼル”・バーストンについても触れている。

「今はものすごく悲しいし、ショックを受けてる。昨日、俺の親友の一人が亡くなったんだからね。彼がいなくて寂しくてたまらないよ」レミー・キルミスターはこう語っている。「彼の名はフィル・テイラー、別名フィルシー・アニマルだ。彼は俺らのバンドに、ドラマーとして2度加わってる。彼が亡くなった今思うのは、ジョージ・ブッシュが生きていて、彼のような人間が亡くなるなんて本当に腹が立つってことだ」

彼はさらに次のように語っている。「俺たちはまだ前進し、強くなっていく。ワーゼルが亡くなり、今度はフィルシーなんて。残念なことだ。このロックンロール・ビジネスは身体に悪いのかもしれないな」

一方、ガンズ・アンド・ローゼズの元ギタリストであるスラッシュも、フィルシー・テイラーに対して哀悼の意を捧げている。彼は次のようにツイートしている。「フィルシー・“アニマル”・テイラーが亡くなるなんて、本当に悲しいニュースだ。ロックンロール業界では屈指のドラマーだった。フィル、安らかに眠ってくれ。誰もが寂しがるだろう。心からね」

フィルシー・“アニマル”・テイラーが亡くなるなんて、本当に悲しいニュースだ。ロックンロール業界では屈指のドラマーだった。フィル、安らかに眠ってくれ。誰もが寂しがるだろう。心からね。

彼がフロントマンのレミー・キルミスターとともに最後に姿を見せたのは、2014年に行われたバンドのバーミンガム公演となっている。その時のライヴ映像は以下で観ることができる。

https://youtu.be/CPrWVFGJN0g”

モーターヘッドは8月にリリースされたニュー・アルバム『バッド・マジック』のUKツアーを2016年1月から開始、ショウはニューカッスルから始まりロンドンで終わる予定だ。

日程は以下の通り。

Newcastle City Hall (2016年1月23日)
Glasgow Clyde Auditorium (24日)
Manchester O2 Apollo (26日)
Swindon Oasis (27日)
London Eventim Apollo (29日)

モーターヘッドは先日、フロントマンのレミーの体調不良が原因でいくつかの公演をキャンセルしたり、公演時間を短縮したりしている。

【独占配信】ドキュメンタリー『ボン・ジョヴィ:Thank You, Good Night』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ