GETTY

Photo: GETTY

ザ・プロディジーはキース・フリントの死から1周忌となることを受けて追悼の意を表している。

キース・フリントは2019年3月4日に自殺と見られる形で亡くなったと報じられていた。享年49歳だった。

3月4日にザ・プロディジーはリアム・ハウレットとマキシムの2人の名義でツイッターにて追悼の意を表している。

「君が僕らを置いていってから1年が経った。毎日、君のことが惜しまれるよ。君の炎が強く燃え盛っている」とツイートでは述べられている。「君はいつだって僕らと共にあるんだ。だって、君も知っている通り、僕らは永遠に生きるんだ」

「パンクのままであり続け、ずっと僕らの心のなかにいてくれ」とツイートは締めくくられており、キース・フリントがパフォーマンスを行う写真や3人の写真が添付されている。

今年のNMEアウォーズでもキース・フリントには追悼の意が表されており、ライヴ・ドラマーだったレオ・クラブトリーは次のように述べている。

「仲間のリアムとマキシムに代わって、キースが自由を見出した場所としてこのブリクストン・アカデミーのステージ以上のところはどこにもなかった」とレオ・クラブトリーは語っている。

「ここは彼を思い返すのにふさわしい場所で、キース・フリントは真のステップを踏むカミソリで、彼の人生はすべて極限まで達するもので、常に興奮のためにあった。圧倒的なパフォーマーだったキース・フリントはザ・プロディジーと共にその時代の音楽を再定義したんだ。キース・フリントというパンク・ロック・アンチ・スターの名前は歴史に永遠に刻まれることになる」

「恐れることのなかったキース・フリントは情熱的で、何も気にすることがなかった。それはほろ苦い最後までだったけど、ありがとう」

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ