PRESS

Photo: PRESS

スクエアプッシャーは“Terminal Slam”のミュージック・ビデオを解説する特設ページが公開されている。

“Terminal Slam”は先月リリースされたスクエアプッシャーの最新作『ビー・アップ・ア・ハロー』に収録されている。

“Terminal Slam”のミュージック・ビデオはこちらから。

“Terminal Slam”のミュージック・ビデオは真鍋大度が監督を務めており、特設ページではミュージック・ビデオの制作に使用した機械学習のオープンソースのソースコードなども紹介されている。

特設ページはこちらから。

https://research.rhizomatiks.com/s/works/squarepusher/

真鍋大度はミュージック・ビデオについて次のように述べている。「遠い未来ではなく近い未来を現代の技術を駆使して実装しよう、というところからアイディアが始まり、近未来の広告をテーマに議論して制作しました。最後の最後までスクエアプッシャー本人にたくさんの細かいフィードバックをもらいながら映像表現を調整しました。彼のグリッチやインタラクションに対するクリエイティブなこだわりをチーム全体で享受でき、非常にエキサイティングな制作でした。また今回、撮影した動画の中に含まれる人やオブジェクト、広告を、AIを駆使して自動認識させ、それらを現実から消去したり、広告を別のものに置き換えるなどの処理をしています。かなり近い将来、デバイスを装着して街中を歩きながら今回のMVと同じように広告を自由に書き換える体験が出来るなと思いワクワクしています」

スクエアプッシャーは4月に来日公演を行うことが決定している。

来日公演の詳細は以下の通り。

4月1日(水)名古屋クラブクアトロ
OPEN 18:00 / START 19:00
TICKETS : ADV. ¥7,000+1D

4月2日(木)梅田クラブクアトロ
OPEN 18:00 / START 19:00
TICKETS : ADV. ¥7,000+1D

4月3日(金)新木場 STUDIO COAST
OPEN 18:00 / START 19:00
TICKETS : ADV. ¥7,000+1D

更なる公演の詳細は以下のサイトでご確認ください。

https://beatink.zaiko.io/e/squarepusher20-04

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ