GETTY

Photo: GETTY

来月、ロンドンでオアシスだけがかかるクラブ・イベントが行われることが決定している。

「世界唯一のノンストップでオアシスがかかるクラブ・ナイト」と題されたこのイベントは4時間にわたってオアシスの楽曲をかけるもので、「オアシスのファンにはマスト」と評されている。

このイベントは3月13日にロンドンのディングウォールズに開催され、他にもマンチェスターで5月1日に、ダブリンで5月15日に開催される。イベントは23時から27時までの開催となる。

イベントではオアシスのヒット曲に加え、レアなBサイド曲やライヴ音源もプレイされるという。観客からのリクエストも受け付けられる。

「再結成が実現しそうにないなか、4時間にわたってオアシスを補給する機会です」と主催者は語っている。

この投稿をInstagramで見る

London, Manchester, Dublin. All Oasis, all night. Tix in bio. Let’s ave it.

Back To Back Oasis(@backtobackclubnights)がシェアした投稿 –

オアシスの再結成については実現の見込みが立っておらず、ノエル・ギャラガーはリアム・ギャラガーの楽曲“Once”を批判し、曲名は再生されるべき回数にちなんで名付けられたと述べている。

ノエル・ギャラガーはツイッターで「何も目にかけるべきことなどない」としつつも、リアム・ギャラガーの楽曲に予想された一言を言わずにはいられなかったようだ。

「みんな、何も目にかけるべきことなどないんだけどさ」と彼はツイートしている。「今なお沈黙のほうが雄弁に勝るしね……でも、もし誰かさんがニュー・シングルを出したのを知らなかった時のためなんだ。それは“Once”っていう曲なんだけど、まさに再生されるべき回数のことを言っているんだよ」

さらに加えてノエル・ギャラガーは次のように続けている。「良質なレコード店でもまだ売っているみたいだけど、大半はひどい店なんだろうな。いい日曜日を」

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ