GETTY

Photo: GETTY

AC/DCの噂されている新作についてトゥイステッド・シスターのディー・スナイダーは「サプライズがある」と語っている。

ディー・スナイダーは現地時間2月20日に衛星ラジオ局「シリウスXM」の「トランク・ネイション」に出演しており、そのなかでAC/DCのシンガーであるブライアン・ジョンソンと食事をしたエピソードを披露している。

「最近、ブライアンと夕食を共にしたんだ。いろいろ話をしたよ」とディー・スナイダーは語っている。「彼は多くのことを語ってくれてね。ここでは言いたくないようなこともたくさんね。でも、写真から分かっていたように、ブライアンはスタジオに入って、レコーディングを行っていたことを認めてくれたよ」

彼は次のように続けている。「でも、僕に言えるのはクラシック・ラインナップがもう一度集まって、いくつかのサプライズがあるということでさ。僕には言えないようなね。マルコム・ヤングに関しては驚きのあまり顎が外れそうになるようなものだったよ。彼は今もいると言えるんじゃないかな。だから、僕らのよく知る、愛してきたAC/DCなんだよ」

ブライアン・ジョンソンとフィル・ラッドについては一昨年、AC/DCが20年以上にわたってアルバムのレコーディングの拠点としてきたヴァンクーヴァーでメンバーと共にいるところが目撃されていた。

また、テロライザーやベヒーモスのネルガルも新作の制作を認める発言をしている。

ネルガルは「ラウドワイヤー」に次のように語っている。「マルコム・ヤングの音源と共にAC/DCのニュー・アルバムが制作されていることは知っているよ。実現するよ。(バンドの現時点での最後のアルバムとなっている2014年発表の)『ロック・オア・バスト』からのアウトテイクなんだけどね。俺が何を期待しているか?っていうと、あれ以上のものもあれ以下のものも期待してないよ。あのリズムと、アンガス(・ヤング)とマルコムのギターを聴かせてほしいね。それ以上のものは要らないからさ。(ブライアン・ジョンソンも)バンドに戻っているんだよ」

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ