PRESS

Photo: PRESS

セリーヌ・ディオンはスポティファイ・シングルズでクリス・アイザックをカヴァーした音源が公開されている。

これはスポティファイ限定のオリジナル・プログラム「スポティファイ・シングルズ」のためにニューヨークのエレクトリック・レディー・スタジオでレコーディングされたものとなっている。スポティファイ・シングルズにはこれまでにテイラー・スウィフト、ジョン・レジェンド、サム・スミス、マイリー・サイラス、ジェニファー・ロペス、ナイル・ホーラン、ノラ・ジョーンズら、250を超えるアーティストが参加し、500曲以上がリリースされている。

音源はこちらから。

セリーヌ・ディオンはスポティファイ・シングルズについて次のように語っている。「スポティファイは音楽を聴くのに最適な方法であり、世界中のすべての人が今すぐ聴くことができます。スポティファイ・シングルズで“Wicked Game”を選んだのは、お気に入りの楽曲だからです。長年愛されている曲なので、あまり変更を加えずオリジナルのバージョンを尊重したいと思いました」

セリーヌ・ディオンは昨年11月に12作目となる英語詞によるアルバム『カレッジ』をリリースしている。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ