PRESS

Photo: PRESS

ジャスティン・ビーバーは最新作『チェンジズ』より“E.T.A.”のミュージック・ビデオがアップル・ミュージック限定で公開されている。

ジャスティン・ビーバーは通算5作目となる5年ぶりのアルバム『チェンジズ』を2月14日にリリースしている。今回公開された“E.T.A.”のミュージック・ビデオはマイケル・D・ラトナーが監督を務めている。

“E.T.A.”のミュージック・ビデオはこちらから。

https://geo.music.apple.com/jp/music-video/e-t-a-nature-visual/1499173714

ジャスティン・ビーバーはアップル・ミュージックのゼイン・ロウのインタヴューも受けており、音楽活動の再開について次のように語っている。「不安に駆られていたんだ……次に僕が表現したいことって何だろう? 世間に受け入れてもらえるだろうか?ってね。他のアーティストと自分を比べてみたりね……アリアナ・グランデとステージに上がったときのオーディエンスのリアクションが、長い間ステージから離れていた僕に復活する勇気を与えてくれた。自分がやるべきことは何かを思い出したんだ。僕の特技はこれだってね。もう逃げる必要はない」

ヘイリー・ボールドウィンとの結婚については次のように語っている。「僕は世界一の奥さんと結婚したんだ。彼女は僕をサポートしてくれる。彼女の夫であることを誇りに思うよ。今回のアルバムは、結婚1年目に書いた作品だから、とても新鮮な内容になっているよ。夫婦間の約束や信頼について学ぶことはもっとある。そういったことを音楽で表現していきたい。以前の僕はネガティブなことに固執してしまって、小さな喜びさえも見出せないでいたんだ」

インタヴューの動画はこちらから。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ