GETTY

Photo: GETTY

クレイロは暫定的に“february 15, 2020 london, uk (demo)”と題した新曲がYouTubeで公開されている。

クレイロらしいローファイでメランコリックな楽曲は恋愛関係についてほろ苦く振り返るもので、次のように歌っている。「I’m drunk again / I should be embarrassed, but you embrace it / Don’t make me feel nervous(また酔っ払ってしまった/恥ずかしがるべきなんだけど/あなたは私を受け入れてくれた/ナーヴァスな気分にさせないで)」

ファズを使った親密なサウンドによるデモ音源は“Pretty Girl”で注目を集めることになったクレイロの初期の作品を彷彿とさせるもので、あるファンは「サウンドクラウド期のクレイロの雰囲気があるね」とコメントしている。

クレイロは先日NMEアウォーズで今年のグラストンベリー・フェスティバルに出演することを明らかにしており、母親を連れていくつもりだと語っている。

NMEアウォーズでベスト・ニュー・アクト・イン・ザ・ワールド賞を受賞したクレイロは次のように語っている。「母親を連れていくと約束していたの。私たちは昔のグラストンベリー・フェスティバルが観られるパラディア・チャンネルをよく観ていたんだけど、観ながら、もしグラストンベリー・フェスティバルに行くことになったら、彼女を連れていくと約束していたの」

「私の母親は世界で最もクールな人なの。基本的に彼女は私の親友なのよ」

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ