GETTY

Photo: GETTY

フガジのイアン・マッケイとジョー・ラリー、ジ・イーヴンスのエイミー・ファリーナからなるスーパーグループ、コリキーはデビュー・アルバムの詳細が発表されている。

2015年に結成されたコリキーは3月27日にイアン・マッケイのディスコード・レコードよりセルフ・タイトルのデビュー・アルバムをリリースすることを発表している。

アルバムからは最初の音源となるメロディックな“Clean Kill”が公開されている。

『コリキー』のトラックリストは以下の通り。

01. ‘Clean Kill’
02. ‘Hard to Explain’
03. ‘Say Yes’
04. ‘Have a Cup of Tea’
05. ‘Too Many Husbands’
06. ‘BQM’
07. ‘Last Thing’
08. ‘Jack Says’
09. ‘Shedileebop’
10. ‘Inauguration Day’
11. ‘Woulda Coulda’

コリキーの公式バイオグラフィーには次のように書かれている。「コリキーはワシントンD.C.出身のバンドで、エイミー・ファリーナがドラムス、ジョー・ラリーがベース、イアン・マッケイがギターを全曲で担当している。2015年に結成されたが、コリキーは2018年まで初ライヴを行っていなかった。彼らはアルバムを1枚レコーディングしており、ツアーを行いたいと考えている」

マイナー・スレットでフロントマンを務めていたことで知られるイアン・マッケイはエイミー・ファリーナとジ・イーヴンスでも活動しており、2人は結婚している。

また、イアン・マッケイは、ジョン・フルシアンテ、ビキニ・キル、ライツ・オブ・スプリング、7セカンズ、ダグナスティ、キュー・アンド・ノット・ユー、ネイション・オブ・ユリシーズ、ロリンズ・バンドといったアーティストたちのプロデュースを行っている。

デビュー・アルバムの予約はこちらから。

https://dischord.com/release/190/st-54

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ