GETTY

Photo: GETTY

ビリー・アイリッシュはシリーズ最新作『007 ノー・タイム・トゥー・ダイ』の主題歌となる楽曲“No Time To Die”が公開されている。

ビリー・アイリッシュは史上最年少のアーティストとして『007』シリーズ最新作の主題歌を担当することを先月明らかにしていた。

“No Time To Die”の音源はこちらから。

“No Time To Die”にはギターでジョニー・マーが参加しており、ハンス・ジマーとマット・ダンクリーが追加のオーケストラ・アレンジを手掛けている。

ビリー・アイリッシュは主題歌を担当することについて次のように述べていた。「この映画に参加できることにあらゆる点で興奮しています。伝説的なシリーズの1作となる映画の主題歌を手掛けられることはこの上ない名誉です。ジェームズ・ボンドは映画のシリーズとして史上最もクールなものであり、私はまだ衝撃を受けています」

彼女の兄でコラボレーターのフィニアスは次のように述べている。「ジェームズ・ボンドの映画の主題歌を手掛けることは僕らがずっと夢見てきたことです。『ゴールドフィンガー』や『死ぬのは奴らだ』における音楽と映画の組み合わせほど象徴的な組み合わせはないでしょう。伝説的なシリーズで小さな役割を務められることをとても幸運に思っています。007よ、永遠なれ」

映画『007 ノー・タイム・トゥー・ダイ』については昨年12月に第一弾トレイラー映像が公開されている。

映画『007 ノー・タイム・トゥー・ダイ』は4月10日に日本公開される予定となっている。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ