GETTY

Photo: GETTY

スマッシング・パンプキンズは今年行われるガンズ・アンド・ローゼズのツアーにおいていくつかの公演でサポート・アクトを務めることが明らかになっている。

スマッシング・パンプキンズはガンズ・アンド・ローゼズのツアーでも7月に行われるフィラデルフィア公演、デトロイト公演、トロント公演、ワシントンD.C.公演、イースト・ラザフォード公演、ボストン公演のサポート・アクトを務めるという。

ガンズ・アンド・ローゼズは先立って5月から6月にかけてヨーロッパ・ツアーを行うことが決定しており、ロンドンではトッテナム・ホットスパー・スタジアムで2公演を行う予定となっている。

ガンズ・アンド・ローゼズには2016年のクラシック・ラインナップでの再結成以降、アクセル・ローズ、スラッシュ、ダフ・マッケイガンが参加している。

ギタリストのスラッシュは10年以上ぶりとなる待望のニュー・アルバムについて音楽業界におけるアルバムのリリースのされ方が変化したためにリリースが遅れていると語っている。

一方、スマッシング・パンプキンズは今年ダブル・アルバムをリリースするとビリー・コーガンが語っている。

先日、別のアルバムのために21曲があることを明かしていたビリー・コーガンだが、2020年にリリースされるダブル・アルバムにナッシュヴィルで取り組んでいることを今回、明かしている。

『テネシアン』紙にビリー・コーガンは次のように語っている。「いろんな点で今回が(再結成後)最初の真のアルバムなんだ。本腰を入れて、クラシックなものを作ったからね。『なんでも実験をしてみて、どうなるか見てみよう』っていうスマッシング・パンプキンズのアルバムなんだ」

リリース時期とアルバムの形態について彼は次のように語っている。「1年以上にわたって取り組んできたんだ。今のところ21曲あって、今年ダブル・アルバムとしてリリースするつもりだよ」

昨年、スマッシング・パンプキンズはノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズと共に北米ツアーを行っている。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ