GETTY

Photo: GETTY

グリーン・デイ、フォール・アウト・ボーイ、ウィーザーはさらに「ヘラ・メガ・ツアー」の更なる日程の発表を予告している。

3組は今年一緒にツアーを行う予定となっており、北米とヨーロッパの日程は発表されている。

3バンドは自身のツイッター・アカウントで同じ3つの絵文字を投稿しており、絵文字はオーストラリアの国旗、ニュージーランドの国旗、手で口をふさぐ顔の3つとなっている。そのスクリーンショットはヘラ・メガ・ツアーの公式ツイッター・アカウントでツイートされている。

ファンの間ではオーストラリア、ニュージーランド・ツアーがアジア・ツアーが終わる3月末とヨーロッパ・ツアーが始まる5月の間に開催されるのではないかと噂されている。

ヘラ・メガ・ツアーは6月13日のパリ公演からスタートし、ツアーは6月24日のグラスゴー・グリーン公演からUKツアーが始まる予定となっている。ロンドン、ハダースフィールド、ダブリンで公演を行った後、ツアーは北米で行われる。アミル・アンド・ザ・スニッファーズがヨーロッパ・ツアーのサポート・アクトを務め、ジ・インタラプターズがアメリカ・ツアーのサポート・アクトを務める予定となっている。

グリーン・デイとウィーザーはアルバムのリリースが控えており、2月7日にはグリーン・デイの『ファザー・オブ・オール…』がリリースされ、5月15日にはウィーザーの『ヴァン・ウィーザー』がリリースされている。

先日、グリーン・デイのビリー・ジョー・アームストロングは6作目のアルバムである『ウォーニング』を再レコーディングしたいと語っている。「当時に戻って、このアルバムをもう一度レコーディングしたいよ。当時に戻って、よりライヴ音源に近いものを作りたいんだ。というのも、“Minority”はライヴ・セットのほうがアルバムのバージョンよりもはるかにいいと思っているんだよ。まあ、よくある考え過ぎていることの1つなんだろうけどさ」

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ