GETTY

Photo: GETTY

レッド・ホット・チリ・ペッパーズのベーシストであるフリーは先月、コービー・ブライアントが亡くなったことを受けて追悼の意を表している。

コービー・ブライアントは1月26日にカリフォルニア州カラバサスで起きたヘリコプター事故で亡くなった9人のうちの1人で、娘のジアナも犠牲者には含まれている。

熱心なLAレイカースのファンであるフリーは週末にコービー・ブライアントの思い出を語るためにESPNに招かれており、「ロサンゼルスの風景にとって定番となっていた象徴的な人物」と評している。

「彼は誰からも愛された人だったんだよ」とフリーは語っている。「彼は17歳の時にレイカースにやってきたんだけど、彼が17歳の時に会ったんだ。傲慢な青年として彼は出てきて、最初のゲームで3ポイントを決めたんだ……でも、彼は常にリーダーで、常に勇敢だったんだ。キャリアが続いていくにつれ、彼は謙虚にやさしくなっていて、チームメイトを鼓舞する方法を学び始めたんだ」

「そして彼は引退したけど、なお成長する彼を僕らは見ることになったんだ」とフリーは続けている。「彼は語り手だったんだ。児童向けの本を出し、女子のバスケットボールのチームでコーチを務めた。こんな形で彼が逝くのを見るのはひどすぎるよ。美しい少女も一緒だったわけだからね」

フリーは今はコービー・ブライアントや事故の犠牲者に対して「喪に服す」時だと語っている。

「多くの祈りを捧げる時なんだよ。なんでこんなことが起きるのか理解するためにも、受け入れる心情を試されているんだ」と彼は語っている。

「スポーツが好きで、特にバスケットボールが好きな理由の一つは、僕らを一つにしてくれるからなんだ。どんな経済階級でも、どんな人種でも、どんな人であっても一つになれるんだよ。この素晴らしいものが大好きだからね」

フリーは次のように続けている。「バスケットボールはアートであり、俺たちを一つにし、驚くべきアートフォームの傘の下に入れてくれるんだ。そこでは人々が革新を起こし、どんどん一歩を踏み出していくんだ。そして、コービーの死は僕らを一つにしてくれるんだ」

「僕らは一緒になって、泣くこともできるし、こんな由々しきことが起こることを、そしてこれまでとは違うことになってしまったことを受け入れることもできる。この街は変わってしまった。彼は亡くなった時もその人生で俺たちを一つにしてくれた。そして、こうして一つにしてくれたことに感謝を表明するよ」

現地時間2月2日に行われたスーパーボウルのハーフタイム・ショウでもコービー・ブライアントに追悼の意が表されている。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ