GETTY

Photo: GETTY

レディオヘッドのドラマーであるフィリップ・セルウェイは2020年はバンドで一緒に取り組むのからは「1年間」離れて、他のプロジェクトに取り組む考えがあると語っている。

レディオヘッドが最後にリリースしたアルバムは2016年発表の『ア・ムーン・シェイプト・プール』となっており、最速でも新作は来年になると見られている。

「会話は常にしているんだけど、でも僕らは常に進んでいる他のプロジェクトもあるからね」とフィリップ・セルウェイは『NME』に語っている。「今年はレディオヘッドから離れる感じなんだ。でも、再びやることにはなるよ」

2021年がレディオヘッドが戻ってくる年になるかと訊かれると、フィリップ・セルウェイは次のように答えている。「そのうち分かるよ。話しているところだね」

レディオヘッドは先日、全ディスコグラフィーがYouTubeにアップされているほか、莫大なバンドのマテリアルをオンライン・アーカイヴとして提供する「パブリック・ライブラリー」を立ち上げており、メンバーはソロ・プロジェクトに取り組んでいる。

フロントマンのトム・ヨークは2018年にホラー映画の『サスペリア』のサウンドトラックを手掛けているほか、昨年はショート・フィルムに付随したソロ・アルバム『ANIMA』をリリースしている。一方、ギタリストのエド・オブライエンはブラジルに影響を受けたソロ・アルバムより楽曲が公開されている。

フィリップ・セルウェイについてはサード・アルバムに取り組むことを計画している。

「僕にとって作曲とレコーディングの年なんだ」と彼は『NME』に語っている。「それに集中しているところなんだよね」

彼は次のように続けている。「注目しといてほしいよ。物事が進んでいくのは常に僕にとっても驚きなんだ。これまでサウンドトラックをやるなんて予想もつかなかったわけだけどさ。こうした事柄のすべてが自分の音楽性を成長させてくれるわけで、そこに自分のアイデアをたくさん持ち込んでみるんだよ」

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

ビッコレ
ビッコレ
関連タグ