PRESS

Photo: PRESS

スコットランド出身のシンガー、サンディ・トムは2006年にヒットした“I wish I was A Punk Rocker (With Flowers In My Hair)”で知られるが、新曲のシングル曲をBBC ラジオ 2のプレイリストに追加してもらえず、同局を激しく非難している。

サンディ・トムは最新シングルである“Earthquake”の発売を11月27日に控えているが、BBCのラジオ局に自身が拒否されたことを知り、涙ながらのビデオをネット上に公開している。ラジオ局の決定を受け、「もうこの業界とは終わり」としている。

「“Earthquake”がRadio 2のプレイリストに載らなかったという知らせを受けたわ」と下記のビデオで話している。「このビデオを撮って、みんなに私がすごく傷ついていることを知ってほしい。どうやら私は何をやってもダメだってことみたい」

自分の曲がどんなにオンエアされる資格があるか、サンディ・トムはさらに主張した。「私はポップでキャッチーでBBCのラジオ 2のフォーマットに合う曲を書いた、だから、私の曲を流さない理由なんてないし、そして神に誓って、あの人たちは何年も何年もかけて音楽業界からある種の尊敬を得ようとしている人間が、どれだけ傷つくか全然わかってないんだわ」

「これで本当におしまいよ。私、もうこの業界とは終わりだわ。あの人たちが私のところに戻って来て、この曲が成功するかどうかっていう判断を聞かされるのを、イスの端っこに座って待つのはホントに嫌だし、ウンザリよ。彼らに支持されなければ、成功はあり得ないってことなの」

サンディ・トムはまた、バウアー・ラジオ・ネットワークにも「一切のインタヴューとプレイリストへの追加を断られた」としている。「つまり、この曲をイギリス中の2200万人の人に聴いてもらうチャンスがないってこと」だと語っている。

さらに続けて、「正直に言って、この業界が私みたいな人間にする、クソみたいな裏切りには死ぬほどウンザリだし、もういい。もうイヤ。Radio 2なんてクソくらえ。バウアー・ネットワークもあんたもクソくらえ。もう最低。ホントにイイ曲なのよ。またこんなことを私にする理由なんてない」

「ここまでよ。もういい。私の人生と時間をもっとやりがいのあることに使うし、こんなのバカバカしいわよ」とサンディ・トムは締めくくった。「さよなら、ラジオ 2。クソくらえ、もう本当にどうでもいいわ」

サンディ・トムのニュー・シングル、“Earthquake”のビデオはこちらから。

サンディ・トムは“I wish I was A Punk Rocker (With Flowers In My Hair)”で2006年に一躍有名になり、同曲はイギリス、アイルランド、オーストラリアで1位となっている。

また、サンディ・トムのデビュー・アルバム、『鏡の中のサンディ』は2006年の6月にリリースされ、イギリスのアルバム・チャートで1位となった。

当初の成功以来、4枚のスタジオ・アルバムをリリースしており、一番最近のアルバムは2013年の『カバーズ・コレクション』で、チャート入りは逃している。

【独占配信】ドキュメンタリー『ボン・ジョヴィ:Thank You, Good Night』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ