GETTY

Photo: GETTY

ガンズ・アンド・ローゼズは1月31日に出演したスーパーボウル・ミュージック・フェスで“Knockin’ on Heaven’s Door”を演奏し、1月26日にコービー・ブライアントが亡くなることになったヘリコプター事故の犠牲者に捧げている。

ガンズ・アンド・ローゼズはスーパーボウルに先立つ3日間にわたって開催されたフェスティバルに出演しており、そのなかでアクセル・ローズは事故が起こった週末に「恐ろしい」「不吉な」霧を見たと語っている。

「コービーと彼の娘、搭乗していたすべての人にこの曲を捧げたいんだ。彼らの家族、そして今回のひどい出来事に衝撃を受けた人全員に捧げるよ」とアクセル・ローズはボブ・ディランのカヴァーを紹介している。

“Knockin’ on Heaven’s Door”の演奏中、スラッシュがギター・ソロを弾いている時にスクリーンにはコービー・ブライアントと娘のジアナ・ブライアントの写真が映し出されている。

この日の公演ではスヌープ・ドッグがサポート・アクトを務めており、スヌープ・ドッグはアクセル・ローズ、スラッシュ、ダフ・マッケイガンと共に写った写真をインスタグラムに投稿し、「ガンズ・アンド・ローゼズの新メンバーだよ」と冗談を飛ばしている。

この投稿をInstagramで見る

New member of the group @gunsnroses

snoopdogg(@snoopdogg)がシェアした投稿 –

先日、ガンズ・アンド・ローゼズのスラッシュは10年以上ぶりとなる待望のニュー・アルバムについて音楽業界におけるアルバムのリリースのされ方が変化したためにリリースが遅れていると語っている。

スラッシュは現地時間1月18日から19日にかけてカリフォルニア州で開催されたNAMMショウで音楽サイト「ギター.com」のインタヴューに応じて、バンドのニュー・アルバムについて「動いているもの」はあるとしながらも、「具体的なものは何もない」として「何よりも、今の業界の体質が原因だよ」と語っている

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ