GETTY

Photo: GETTY

クレイロは現地時間1月30日に率直なメッセージをツイートして、ソーシャル・メディアを休止することを発表している。

本名をクレア・E・コートレルというクレイロはソーシャル・メディアを離れる具体的な理由については言及していないものの、「最近いくつかの一線を超えるような出来事が起きて、プライバシーが完全に侵害された」ことがあったと述べている。

「みんなのことが大好きよ。私にとって一番大切な存在だし、ここにいられるのはみんなのおかげだと思っているわ」とクレイロはメッセージを始めている。「だけど、最近いくつかの一線を超えるような出来事が起きて、プライバシーが完全に侵害されたことがあったの。正直、とても傷ついているわ」

クレイロは続くツイートで次のように述べている。「しばらくの間、投稿するのを止めることにする。私たちはみんな人間だし、敬意を持って扱われるべきだと思うわ。みんなのことは大好きだし、また話ができればと思ってる」

クレイロは昨年8月にデビュー・アルバム『イミュニティ』をリリースしている。クレイロは同作に収録されている“Bags”が今年のNMEアウォーズで最優秀ソング・イン・ザ・ワールド賞にノミネートされているほか、彼女自身も最優秀ニュー・アクト・イン・ザ・ワールド賞にノミネートされている。

また、クレイロは1月17日にリリースされたムラ・マサの最新作『R.Y.C』に収録されている“I Don’t Think I Can Do This Again”に参加しているほか、3月に北中米ツアーを行った後で、7月にはマドリードでマッド・クール・フェスティバルに出演することが決定している。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ