white-zombie-astro-creep-2000-aotd

ホワイト・ゾンビの音源を集めたアナログ盤のボックスセットが2016年にリリース予定だという。

これはバンドの元ベーシストであるショーン・イスールトが明かしたもので、「アルチザン・ニュース」に次のように語っている。

「ジェイ・ユエンガーとわたしと、そしてロブ・ゾンビがこのプロジェクトに関わっているの。ボックスセットに取り組んでいたところで、レーベルはヌメロ・グループからリリースされることになるわ。私が思うに、春ないしは秋にリリースできるはずよ。1年以上もこのプロジェクトに取り組んできたの」

ボックスセットの内容については次のように語っている。「50ページに及ぶライナーノーツのブックレットが付くことになると思う。何ヶ月にもわたって私たちがインタヴューに応えて、できたものなの。ジェイとわたしはホワイト・ゾンビにまつわるいろんなものも全部提供したわ。Tシャツだったり、昔のパンク・フライヤーとかすべてをね。それを素晴らしい仕事でブックレットにしてくれたの。レコードは1985年にバンドを始めた頃の初期の音源がすべて収録されるわ。当時ロブとわたしで自分たちのレーベルを持っていたから、それをアナログ盤で出したいの」

未発表曲などの詳細については明らかにされていない。「追加の楽曲はわたしも覚えてないわ。スタジオに入ったら、レコーディングしたものは全部リリースに使っていたから。でも、いろいろ見てみたら、何曲か追加の楽曲があったの。ちょっとした驚きだったわ。わたしも驚いたし。そして、本当に驚かされたのは、これらのアルバムのサウンドの良さよ。本当なの。違うサウンドのバンドみたいよ。だって、わたしたちってパンクみたいなところから始めたバンドだし、3ヶ月ごとにギタリストが変わってたし、だからサウンドが常に変わってたんだけど、バンドの進化の足取りを分かってもらえるボックスセットになってるわよ」

なお、ロブ・ゾンビは2011年のインタヴューで、ホワイト・ゾンビが再結成することはないと語っている。「理解できないね。だって、みんなが思い出やなんかとして抱いているのって『14歳の時に彼らを観たんだけど、これまでで最高のものだったよ』っていうような感じだと思うんだ。でも、今観たら多分『できれば観たくなかったな。ひどかった』ってなるんじゃないかな」

さらにこう付け加えている。「そっとしといたほうがいいよ。ドラマーのジョン・テンペスタを除けば、バンド・メンバーとは15年間話してないしね」

【独占配信】ドキュメンタリー『ボン・ジョヴィ:Thank You, Good Night』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ