GETTY

Photo: GETTY

ビリー・アイリッシュは急激に大きくなった名声に圧倒されて、2018年に自殺を考えたと語っている。

ビリー・アイリッシュは出演した「ガイル・キング・グラミー・スペシャル」で、名声によって新たな境遇に関係のない友人を失ったことによって致命的なほどふさぎ込むことになったと明かしている。

現地時間日曜日に行われるグラミー賞授賞式に向けてビリー・アイリッシュは、デビュー・アルバム『ホエン・ウィ・オール・フォール・アスリープ、ホエア・ドゥ・ウィ・ゴー?』の大ヒットを受けて6部門でノミネートされている。「去年(2018年)は幸せとは思えなかったの」と彼女はガイル・キングに語っている。「幸せじゃなくて、喜びを感じられなかったの」

「そんなにダークになりたいわけじゃないんだけど、17歳までに成功するなんて純粋に思ってなかったの」と彼女は続けている。

ガイル・キングは「自分のために何かしようとは思わなかったの?」と尋ねている。

「ええ」とビリー・アイリッシュは答えている。「ベルリンにいた時に、そういうことを考えたことがある。ホテルの部屋に一人でいたんだけど、すぐそこに窓があったのを覚えている。『神様』って言いながら、泣いていて、死ぬことこそが私のすることだった考えていたの」

ビリー・アイリッシュは最終的に母親のマギー・ベアードに助けを求め、彼女は娘をセラピーに通わせ、ビリー・アイリッシュに代わって仕事のリクエストを断るようになったという。

ビリー・アイリッシュはこれまでに自身が抱えてきたメンタル・ヘルスの問題について率直に語ってきている。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ