GETTY

Photo: GETTY

ジュース・ワールドの遺族は彼の死因が特定されたことを受けて声明を発表して、彼を支援してくれたファンへの感謝を述べている。

本名をジャラド・アンソニー・ヒギンスというシカゴ出身のジュース・ワールドは昨年12月8日にシカゴ・ミッドウェイ国際空港で心肺停止のような状態に陥り、アドヴォケイト・キリスト病院に緊急搬送されて亡くなっている。

ジュース・ワールドは現地時間1月22日に医療検査官によってオキシコドンとコデインによる不慮のオーヴァードーズだったと死因が特定されている。

ジュース・ワールドはシカゴ・ミッドウェイ国際空港に向かう飛行機内で薬物の錠剤を飲んでいたと見られている。ジュース・ワールドが乗っていたプライヴェート・ジェットからは約32キロ分のマリファナなどが押収されている。

ジュース・ワールドの死因が特定されたことを受けて彼の遺族は声明を発表しており、その中で次のように述べている。「ジュースにひた向きな敬意や愛情を向けてくださったすべての方々に心から感謝しています」

「みなさんはジュースにとってのすべてでした。彼の音楽を聴き、彼のビデオを鑑賞し、彼についての話を共有してくださることで、みなさんは彼の思い出を永遠のものにしてくださっているのです」

声明は次のように続けられている。「私たちは未公開の音楽や、彼が情熱を傾けて制作していた他のプロジェクトを公開することを通して、ジュースの才能や彼の魂、彼がファンのみなさんに対して感じていた愛情を祝福する予定です」

声明ではシカゴでジュース・ワールドを追悼する「公共の式典」を開催することも発表されており、詳細については「間もなく」発表すると述べられている。

ジュース・ワールドは亡くなってから間もなくして、心あたたまる彼の歌詞に影響を受けたと語る多くのファンが彼を追悼するためにシカゴにあるミレニアム・パークを訪れている。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ