GETTY

Photo: GETTY

パール・ジャムのギタリストであるストーン・ゴッサードは来たるニュー・アルバム『ギガトン』に収録されているフロントマンのエディ・ヴェダーの歌詞について「力強い気付け薬」のようなものと語っている。

パール・ジャムは通算11作目となるスタジオ・アルバム『ギガトン』を3月27日にリリースすることが決定しており、本作はバンドにとって2013年発表の『ライトニング・ボルト』以来のニュー・アルバムとなっている。

ストーン・ゴッサードは「Beats 1」のゼイン・ロウの番組に出演して、新作に収録されているエディ・ヴェダーの歌詞について、2020年の世界の情勢と関連したものになっているとして、次のように語っている。「僕の歌詞の解釈は大抵、他の人たちのそれとは異なるから、歌詞についてあまり話し過ぎるようなことはしたくないんだけどさ」

「でも、僕が思うのは、このアルバムでの彼の歌詞は特に見事だということなんだ。その世界の描き方だよね。彼は新聞を読んだ後で率直な意見を言うようなタイプではないかもしれないけど、彼の神秘性や、彼の言葉やアート、音楽の使い方には人を元気づける力強さがあるんだ。その根底に続いているのは希望に満ちた美しいものだけど、時には悲劇的なメッセージも込められているんだ」

ストーン・ゴッサードはニュー・アルバムの内容について「ヴァラエティに富んだ」ものになっていると語っている。「言うまでもなく、真っ直ぐなロック・ソングも入っているよ」

「簡素でシンプルなバラードもある。すべてが入っているんじゃないかな。それでいて、僕たちらしいものになっている。実際に自分たちだけで作ったからね。エディは素晴らしい仕事をしてくれたよ」

「ここ2ヶ月の間で、いくつも積み重なっていた楽曲の山からミックスして、楽曲を選び抜いたんだ。特別なものができたよ。彼は見事に全員の個性を引き出してくれてね。1人1人が作ったものとは異なるかもしれないけど、バンドのスピリットをきちんと体現したものになっていると僕は思うね」

先日、パール・ジャムは『ギガトン』のトラックリストを発表している。ギタリストのマイク・マクレディは『ギガトン』について、「このアルバムの制作は長旅のようだった」と声明で述べている。

「感情的には暗く、混乱した時期もあったけど、同時に音楽的な救済に辿り着くためのエキサイティングで実験的なロード・マップでもあったんだ」と彼は続けている。「バンドメイトたちと『ギガトン』でコラボレーションしたことで最終的にはより大きな愛や気づきを得ることができ、この時代における人間同士の繋がりの必要性に気がつくことができたよ」

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ