Matt Sav

Photo: Matt Sav

テーム・インパラは先週の予告に続いて、今年行うオーストラリア&ニュージーランド・ツアーを発表している。テーム・インパラは2020年のツアーよりオーストラリアの森林火災に30万オーストラリア・ドル(約2,300万円)を寄付することも発表している。

1月20日にテーム・インパラは4月に行われるツアーを発表しており、ツアーは4月16日のオークランドのスパーク・アリーナ公演から始まり、4月28日のパースのRACアリーナ公演で締めくくられる予定となっている。テキサス州ヒューストン出身のクルアンビンがサポート・アクトを務めることも発表されている。

発表のツイートはこちらから。

テーム・インパラはなお続くオーストラリアの大規模な森林火災を受けて、被災地への支援のために2020年のツアーから30万オーストラリア・ドルを寄付することも発表している。「ここ数週間にわたって自分の母国で火災によって起きていることを目にして打ちひしがれており、少しでも助けになればと思って、森林火災の被災地への支援に30万ドルを寄付する予定なんだ」とケヴィン・パーカーはトリプルJに語っている。

今回のツアーは2月14日のヴァレンタイン・デーにリリースする待望の通算4作目となるスタジオ・アルバム『ザ・スロー・ラッシュ』を引っさげてのものとなっている。2015年発表の『カレンツ』に続く本作には“Lost in Yesterday”、“Borderline”といった楽曲が収録される。

テーム・インパラが前回のオーストラリア&ニュージーランド・ツアーを行ったのは2015年だが、昨年、バンドはスプレンダー・イン・ザ・グラスのヘッドライナーを務めている。テーム・インパラは今年のボナルー・フェスティバルのヘッドライナーを務めることが決定している。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ