GETTY

Photo: GETTY

グラミー賞を主催するレコーディング・アカデミーは会長であるデボラ・デューガンに不正疑惑が持ち上がっていることを受けて第62回グラミー賞授賞式を10日前にして彼女を職務停止とすることを発表している。

レコーディング・アカデミーは『ロサンゼルス・タイムズ』紙に発表した声明でデボラ・デューガンについて、「レコーディング・アカデミーの女性役員による不正行為の申し立てなど、レコーディング・アカデミーの評議員会に疑惑が持ち上がっていることを受けて」職務停止とすることを発表している。

デボラ・デューガンは2019年8月に女性として初めてレコーディング・アカデミーの会長に就任したばかりで、就任から1年を待たずして職務停止することとなっている。

「また、評議員会では2つの独立した第三者による調査機関を設置して、不正疑惑についての独立した調査を行っています。評議員会では、レコーディング・アカデミーの会員の信頼を回復し、レコーディング・アカデミーの従業員のモラルを見直して、すべての音楽クリエイターのために従事するというレコーディング・アカデミーとしての使命に専念するために今回の措置を決定致しました」と声明では述べられている。

「調査の間は、評議員会の議長であるハーヴェイ・メイソン・ジュニアが暫定で会長とCEOを務めます。レコーディング・アカデミーの評議員会は安全かつ多様で包括的な職場や音楽業界、社会の育成に取り組んでいきます」

デボラ・デューガンはレコーディング・アカデミーの会長を長きにわたって務めていたニール・ポートナウの後任として会長に就任している。ニール・ポートナウは2018年、グラミー賞授賞式で女性たちは「進歩しなければいけない」と発言したことで物議を醸していた。

デボラ・デューガンらに向けられている疑惑についての詳細は現時点で明らかになっていないものの、情報筋は『ロサンゼルス・タイムズ』紙に対して彼女について「初めから馴染めていなかった」と述べている。

デボラ・デューガンはレコーディング・アカデミーの会長に就任する以前、U2のボノが2006年に立ち上げたエイズのチャリティ団体である「RED」でCEOを務めていた。

第62回グラミー賞授賞式は現地時間1月26日にロサンゼルスのステイプルズ・センターで開催される。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ