Jonathan Nesvadba

Photo: Jonathan Nesvadba

モービーは通算17作目となるニュー・アルバム『オール・ヴィジブル・オブジェクツ』をリリースすることを発表している。

新作はミュートより3月6日にリリースされる。アルバムからは最初の楽曲として“Power is Taken”が公開されている。

モービーはアルバムの収益の100%をチャリティに寄付することを明かしており、それぞれの楽曲が別々のチャリティ団体への寄付となるという。その中にはエクスティンクション・レベリオン、ブライター・グリーン、レインフォレスト・アクション・ネットワークといった環境団体や、マーシー・フォー・アニマルズ、アニマル・イークオリティ、ヒューマン・リーグ、インターナショナル・アンチ・ポーチングといった動物愛護団体が含まれている。

他にはアメリカン・シヴィル・リバティーズ・ユニオン、フィジシャン・コミッティ、グッド・フード・インスティテュート、インディヴィジブル・プロジェクトといった団体も含まれている。

モービーは動物愛護の活動でよく知られており、昨年11月には両腕に巨大な「ANIMAL RIGHTS」という文字のタトゥーを入れている。

モービーは32年にわたってヴィーガンを続けており、今年9月に「VEGAN FOR LIFE」というタトゥーを首にも入れている。

昨年、モービーは自身の回想録の中でナタリー・ポートマンと過去に交際していたと記している件で彼女に謝罪する声明をソーシャル・メディアで発表している。

モービーは回想録『ゼン・イット・フェル・アパート(原題)』の中で、過去にナタリー・ポートマンと飲みに行き、ハーバード大学のキャンパス内でキスをしたことを振り返っている。一方で、ナタリー・ポートマンは先週、モービーとの交際を否定しており、自身とのエピソードが書籍のプロモーションに利用されていることについて「困惑している」と批判していた。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ