GETTY

Photo: GETTY

ファレル・ウィリアムスはアメリカのテレビ番組で“Letter To My Godfather”を披露した映像が公開されている。

“Letter To My Godfather”はネットフリックスで配信されたドキュメンタリー『ブラック・ゴッドファーザー:クラレンス・アヴァントの軌跡』に提供された楽曲となっていて、昨年6月にリリースされていた。クラレンス・アヴァントはサセックス・レコードのオーナーを務めた人物で、ブラック・ミュージック界のゴッドファーザーとも呼ばれている。

「ジミー・キンメル・ライヴ」に出演したファレル・ウィリアムスは同曲を披露している。

パフォーマンス映像はこちらから。

一方。マーヴィン・ゲイの遺族はファレル・ウィリアムスらによる“Bulurred Lines”がマーヴィン・ゲイの“Got To Give It Up”と酷似していると訴えていた訴訟で、ファレル・ウィリアムスが当時の裁判で偽証していたとして新たに申し立てを起こしている。

この裁判は2015年に、マーヴィン・ゲイの遺族らが”Blurred Lines”をマーヴィン・ゲイの1977年の楽曲“Got To Give It Up”と酷似しているとして訴えたもので、裁判の結果、遺族らはこの楽曲の著作権使用料の半分を与えられ、さらに530万ドル(約5億7000万円)の損害賠償も受け取っている。

「ハリウッド・レポーター」によれば、マーヴィン・ゲイの遺族は今回、ファレル・ウィリアムスが先月『GQ』誌とのインタヴューで語った発言が当時の裁判で彼が偽証していたという証拠になるとして新たに申し立てを行ったという。ファレル・ウィリアムスは当該のインタヴューの中で、特定の音楽を聴いた時に得られる感情を「分解して分析」していると明かした上で、「“Blurred Lines”でそうした時にはトラブルに巻き込まれてしまった」と語っている。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ