GETTY

Photo: GETTY

ティモシー・シャラメはボブ・ディランの初期の音楽キャリアに焦点を当てた伝記映画でボブ・ディランを演じていることについて交渉中だという。

本作は映画『フォードvsフェラーリ』で知られるジェームズ・マンゴールドが監督を担当し、サーチライト・ピクチャーズが制作を手掛け、タイトルは『ゴーイング・エレクトリック』になると報じられている。

『デッドライン』の報道によれば、ティモシー・シャラメはボブ・ディランを演じる最有力候補となっており、映画ではディランの「フォーク・ミュージックで最も影響力を与える人物になる前」の時期が描かれるという。物語では1965年に物議を醸すことになったエレクトリック・ギターを採用することにした場面も描かれることになっている。

『デッドライン』によれば、ティモシー・シャラメは現在ギターを学んでいるとのことで、「アコースティック/エレクトリック・ギターの両方を習熟している」ところだと報じられている。

『デッドライン』はボブ・ディランもこの映画の企画に賛同していると報じており、「サーチライト・ピクチャーズやジェームズ・マンゴールドがと共に映画に取り組んでいる」としている。ボブ・ディランのマネージャーであるジェフ・ローゼンもプロデューサーとして映画に参加している。

映画の公開時期については明らかになっていない。

ジェームズ・マンゴールドはこれまでも2005年公開のジョニー・キャッシュの伝記映画『ウォーク・ザ・ライン/君につづく道』の脚本と監督を手掛けている。

ボブ・ディランもこれまで度々映画として描かれてきており、最も知られている2007年公開の『アイム・ノット・ゼア』ではクリスチャン・ベール、ケイト・ブランシェット、今は亡きヒース・レジャーらがボブ・ディランを演じていた。

ボブ・ディランは今年4月にノーベル文学賞受賞後初となる来日公演を行うことが決定している。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ