GETTY

Photo: GETTY

ニック・ケイヴの10代の息子であるアーサー・ケイヴが、約18メートルの崖から転落して亡くなる前に、LSDを使用していたことが死因審問で明らかになっている。

当時15歳のアーサー・ケイヴは7月14日に死亡しており、その死因審問は11月10日にブライトンで行われている。アーサー・ケイヴは当時、頭蓋骨や脚の骨を骨折し、脳から出血する致命傷を負い、イースト・サセックスにあるオーヴィンディーン・ギャップの地下道で発見された。

ブライトンの検死法廷では、アーサー・ケイヴが死亡する前に、幻覚を誘発する薬物を使用していたことが明らかになっている。警察は、彼の死に疑わしい点はないとしている。

検死は7月に検死官シーア・ジョーンズによって行われ、死因は「崖から落下した際にできた複数の外傷によるもの」と特定している。

ニック・ケイヴと妻のスージーは7月に行われた審問には参加していないが、シーア・ジョーンズはそこで次のように述べている。「少年は2人の通行人に発見され、オーヴィンディーンとロッティングディーンの間にある地下道から、午後5時55分に救急に通報がありました。高所から落下する際に外傷を負ったと考えられます」

息子の死を受け当時、ニック・ケイヴと妻のスージーは声明を発表し、次のように述べている。「僕らの息子であるアーサーは火曜日の夜に亡くなりました。あの子は美しくて、楽しく、そして愛らしい少年でした。僕たち家族がこの辛い追悼の時を過ごす間、そっとしておいてください」

またこの事故に反応して、ザ・フレーミング・リップスやベル・アンド・セバスチャン、ウォーペイントのメンバーやキャット・パワーなど多くのミュージシャンたちが哀悼の意を表明している。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ