(C)2018 Twentieth Century Fox

Photo: (C)2018 Twentieth Century Fox

映画『ボヘミアン・ラプソディ』は2019年にUKで最も売れたホームビデオであったことが明らかになっている。

2018年に公開されたフレディ・マーキュリーの伝記映画『ボヘミアン・ラプソディ』ではラミ・マレックがレディ・マーキュリーを演じており、彼は昨年のアカデミー賞で主演男優賞も受賞している。

エンタテインメント商品の小売業者団体であるエンタテインメント流通協会は今回、2019年にUKで最も売れたホームビデオのリストを発表しており、『ボヘミアン・ラプソディ』は170万ユニットを売り上げて首位に立ったことが明らかになっている。同作の売り上げについては、その3分の2がDVD/Blu-rayの売り上げで、残りの3分の1はデジタル・ダウンロードによるものとなっている。

2019年にUKで最も売れた上位10作品のリストは以下の通り。

1. Bohemian Rhapsody (1,700,683 units sold)
2. Avengers: Endgame (1,305,647)
3. Toy Story 4 (789,310)
4. Mary Poppins Returns (717,909)
5. A Star Is Born (701,984)
6. The Lion King (659,561)
7. Venom (653,497)
8. Captain Marvel (638,187)
9. Aladdin (637,092)
10. Fantastic Beasts: Crimes Of Grindelwald (591,862)

エンタテインメント流通協会でCEOを務めるキム・ベイリーは「ビデオにおけるデジタルの復興は明らかですが、爆発的なヒットを記録する上でフィジカルのフォーマットが鍵になることは否定できないでしょう」と述べている。

「上位の10作品はいずれも、デジタルよりもDVDやBlu-rayのほうが高い売り上げを記録しています」と彼女は続けている。

『ボヘミアン・ラプソディ』のホームビデオでの成功は、映画館での大々的な成功に続くものとなっている。同作は全世界で9億ドル(約970億円)を超える興行成績を上げており、そのうちの7100万ドル(約76億円)はUKでの売り上げとなっている。

『ボヘミアン・ラプソディ』でクイーンのドラマーであるロジャー・テイラーを演じたベン・ハーディは先月、『ボヘミアン・ラプソディ』の続編の可能性について語っている。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ