GETTY

Photo: GETTY

エイミー・ワインハウスは新たな展覧会が来月幕を開けることが発表されている。

「ビヨンド・ブラック:ザ・スタイル・オブ・エイミー・ワインハウス」と題された展覧会は1月17日から4月13日までロサンゼルスのグラミー・ミュージアムで開催され、その後、チリ、ロンドン、アイルランドでも開催されることが決定している。展示されている品々はその後、アメリカに戻され、2021年11月にオークションに出品されるという。

AP通信によれば、展覧会では未公開だった手書きの歌詞、日記、ホームビデオ、エイミー・ワインハウスがキャリアの中で着てきた衣装などが展示されるとのことで、その中には2011年にベオグラードで行われた最後のパフォーマンスで着ていた衣装も含まれている。

エイミー・ワインハウスの父親であるミッチ・ワインハウスは声明で次のように述べている。「エイミーは常に母親や祖母のシンシアをスタイルの面でも、音楽の面でも大きな影響源としていました。彼女たちが身なりを整えることを教えたのです」

「彼女は私のことをタクシー運転手のシナトラと言うのが好きでした。母方の家族もミュージシャンでしたからね。彼女は音楽の才能を世界に届けただけでなく、ファッションの才能も示したのです。私たちとしてはあらゆる形で彼女の大胆で美しい精神を人々に見てほしいと思っているのです」

2021年に行われるオークションの収益はドラッグやアルコールに悩む若者を支援するエイミー・ワインハウス・ファウンデーションに寄付される。オークションを行うジュリアンズ・オークションのマーティン・ノーランは次のように述べている。「エイミー・ワインハウスは稀代の目覚ましい音楽界の偉人の一人であり、彼女の歌う言葉や音には力強いソウルフルな表現が含まれており、彼女の声は音楽業界でも他のアーティストとは比べようのない唯一のものであり続けています」

「キャリアの決定的な瞬間で着た衣装や個人的な品々のコレクションを通して、並外れた才能と型破りなスタイルを祝福したいのです」

エイミー・ワインハウスは先日、ホログラムによるステージの公開が延期されることが決定している。

Copyright © 2023 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ