GETTY

Photo: GETTY

エアロスミスのスティーヴン・タイラーは他のメンバーによって休暇中に自分だけリハビリを強制されたことに長きにわたって怒りを感じていたと語っている。

『オート・リヴィング』誌のインタヴューのなかでスティーヴン・タイラーは最終的にどうやってドラッグやアルコールから逃れられるようになったかなどリハビリ期間について語っている。

「当時はリハビリ施設みたいなものはなくてね。精神病棟だったんだ。84年と86年に入ったけど、うまくいかなくてね」とスティーヴン・タイラーは治療に失敗したときのことを振り返っている。「80年代の前半はひどかったよ。ドラッグに俺たちはやられていたんだ。治療を受けたのは俺が最初だったんだ」

スティーヴン・タイラーにとって転機となったのは1988年で、彼のマネージメントとエアロスミスの他のメンバーが治療に「介入してきた」という。

「『リード・シンガーがまともになれば、俺たちの問題は解決する』と彼らは思ったんだ。それで、俺はドラッグを止めたわけだけど、俺を施設に送ったことに対する怒りを乗り越えるのにだいぶ年月がかかったんだ。彼らはその間、休みに入っていたわけだからね」

今ではスティーヴン・タイラーは1980年代後半に治療対象として介入してくれたことに「感謝」していると語っている。

「だけど、今があるのはあの時のおかげでさ……俺は感謝しているし、ドラッグを止められたことにお礼を言わないとだね」

現在71歳のスティーヴン・タイラーは、バンドメンバーであるジョー・ペリー、ジョーイ・クレイマー、ブラッド・ウィットフォード、トム・ハミルトンがそれぞれの私生活が特に困難な時期でもサポートしてくれたことに「感謝しきれない」と語っている。

「俺がこのバンドにいるのは、俺とジョーが書いた曲からもらえるパワーのことを分かっているからだよね。ブラッドやトム、ジョーイもそうだけどさ」と彼は語っている。「ジョーイはいい時も悪い時も共にいてくれたからね」

「俺は人生で手に負えない時が何度もあってさ。それが結婚にせよ、中毒が表面化することになったにせよ、バンドの他の連中も同じようなもんでさ。でも、俺たちは互いにそれを見てきて、そして今があるんだ」

彼は次のように続けている。「俺の全人生が夢が叶ったようなものだよ。俺はそれにものすごく感謝しているんだ」

一方、エアロスミスは来年のグラストンベリー・フェスティバルに出演することが明らかになっている。

エアロスミスは現地時間12月6日に2020年のヨーロッパ・ツアーの日程を発表しており、その中にグラストンベリー・フェスティバルへの出演も含まれている。

エアロスミスは2日目となる6月27日の土曜日にグラストンベリー・フェスティバルに出演することが発表されている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ