GETTY

Photo: GETTY

イエローカードはジュース・ワールドの死から1週間半が経ったことを受けて著作権侵害の裁判を再開させている。

イエローカードはジュース・ワールドの“Lucid Dreams”が許可なく2006年発表の楽曲“Holly Wood Die”をサンプリングしていると訴えており、2曲には「事実上同じ」と言える「メロディーの要素」があると指摘している。

イエローカードは12月8日に享年21歳で亡くなったことを受けて裁判の一度止めていた。

『XXL』によれば、イエローカードは1500万ドルの損害賠償を求める裁判を今回再開させている。イエローカードの弁護士はリチャード・ブッシュが務めており、彼は“Blurred Lines”をめぐる裁判でマーヴィン・ゲイ側の弁護士を務めていた。

2曲の音源はこちらから。

ジュース・ワールドの遺産管理団体は2020年2月4日までにイエローカード側に解答しなければならないという。イエローカードは“Lucid Dreams”のプロデューサーであるタズ・テイラー、ニック・ミラ、レーベルのインタースコープ、グレードA・プロダクションも被告としている。

先週、シカゴでは多くのファンがジュース・ワールドを追悼するために集まっている。

22歳のファンであるジェレミー・ヒルは『NME』に次のように語っている。「彼が自分に与えてくれた影響は言い表せないぐらいなんだ」

「僕は落ち込んでいる時に彼にハマって、失恋を乗り越えるのを手助けしてくれたんだ。声なき人々に声を与えてくれたんだ。彼は僕らのうちの1人なんだ」

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ