PRESS

Photo: PRESS

ビリー・アイリッシュは“bad guy”が読売テレビ・日本テレビ系で放送される2020年1月期新日曜ドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』の主題歌に決定している。

同日曜ドラマ枠では海外アーティストによる主題歌は今回が初となる。『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』は清野菜名と横浜流星のダブル主演によるドラマで、それぞれ主題歌決定に際してコメントを寄せている。

清野菜名「Justin Bieberが好きでそこから彼女を知り、注目して聴いていたところだったので、タイムリーすぎてびっくりして、そして、凄く凄く嬉しかったです! この曲に決まった時、曲の雰囲気で自分の役のイメージがバシッと決まりました。ドラマから流れてくる“bad guy”を聴けるのもすごく楽しみです」

横浜流星「挑戦的で、今の時代だからこそ作れる作品に、世界において今の時代を象徴する存在のビリー・アイリッシュさんの“bad guy”が主題歌に決まり、これは凄い事になったなというのが最初の感想です。一度聞いたら忘れられないメロディとこの作品の登場人物が持つ表の顔と裏の顔の二面性や狂気をこの楽曲にもはらんでいると感じていて、作品を盛り上げてくれると思いますし、これまで見たことの無い作品になる予感がします。ご期待下さい」

番組の概要は以下の通り。

日本テレビ系 日曜ドラマ枠
「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」
2020年1月12日スタート
毎週日曜22:30~23:25(55分枠)
出演:清野菜名 横浜流星 ほか
脚本:佐藤友治、蛭田直美
チーフプロデューサー:岡本浩一
プロデューサー:福田浩之、馬場三輝、千葉行利
主題歌:ビリー・アイリッシュ「bad guy」

更なる詳細は以下のサイトでご確認ください。

https://www.ytv.co.jp/shirokuro/

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ