GETTY

Photo: GETTY

チェスター・ベニントンが、2年間にわたりフロントマンを務めてきたストーン・テンプル・パイロッツを脱退すると発表している。

リンキン・パークのフロントマンでもあるチェスター・ベニンストンは、ストーン・テンプル・パイロッツの前ヴォーカル、スコット・ウェイランドの脱退後、2013年からグループに参加している。しかし、このほどチェスター・ベニントンは“100%の力を注げるよう、リンキン・パークの活動に集中する”として、脱退の意志を明らかにしている。

チェスター・ベニントンは声明の中で次のように述べている。「この数年は、僕にとって素晴らしい経験となった。僕らの世代で最も偉大なバンドの1つであるストーン・テンプル・パイロッツの一員として制作やパフォーマンスにまで関わることができ、自分自身も大きく成長できたんだ。けれど、今までストーン・テンプル・パイロッツで活動する時間、リンキン・パークのメンバーとしての時間、そして家族と過ごすために必要な時間、このどれかがいつも足りていないと感じていたんだ」

「ロバート、エリック、ディーン、そして僕自身の4人は、このような状況のなかで何をするべきかに気づいたんだよ。友人やファン、そしてストーン・テンプル・パイロッツが築いてきたレガシーに対して誠実であるためには、僕に許されている以上の時間が必要だと判断したんだ。そして、リンキン・パークのメンバーに対しても誠実であるため、また僕自身や僕の家族のため、すべてに100%の力を注げるよう、僕は今後、リンキン・パークの活動に集中することにしたんだ。これまでのストーン・テンプル・パイロッツでの活動は、正に夢が叶ったといえる素晴らしい経験だった。ストーン・テンプル・パイロッツ、リンキン・パークのさらなる発展を期待している」

一方、ストーン・テンプル・パイロッツは、ジミー・キンメルがホストを務める米テレビ番組内の企画「マッシュ・アップ・マンデー」で、「ジョス・ストーン・テンプル・パイロッツ」としてジョス・ストーンとユニットを組み、パフォーマンスを行っている。「マッシュアップ・マンデー」では毎週、2組のアーティストにより1回限りのスーパーユニットが結成される。

その模様はこちらから。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ