PRESS

Photo: PRESS

ヤングブラッドは2020年3月に待望の初来日公演を行うことが決定している。

ヨークシャーに生まれた現在22歳のドミニク・ハリソンはギターやベース、ピアノ、ドラムを弾きこなすマルチ・インストゥルメンタリストで、彼は2歳の時に初めてギターを持ち、10歳からソングライティングを始めたという。

ヤングブラッドは2018年夏に高い評価を得たデビュー・アルバム『21stセンチュリー・ライアビリティ』をリリースした後で、今年10月には続くEP『ジ・ アンダーレイテッド・ユース』をリリースしており、同作は全英アルバム・チャートで6位を獲得している。また、ヤングブラッドは今年11月にブリクストン・アカデミーで行った公演をソールド・アウトさせているほか、来春にはロンドンのザ・フォーラムで公演を行うことも発表されている。

来日公演の詳細は以下の通り。

2020年3月16日(月)TSUTAYA O-EAST
OPEN 18:30/ START 19:30
スタンディング:¥6,800(別途1ドリンク代)

Live Nation会員先行︓12/13(金)18:00〜12/16(月)23:59※先着受付
プレイガイド先行︓12/17(火)〜※先着受付
一般発売︓2020/1/11(土)10:00〜

更なる公演の詳細は以下のサイトでご確認ください。

https://www.livenation.co.jp/artist/yungblud-tickets

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ