GETTY

Photo: GETTY

マイリー・サイラスは、先日のチャリティー・オークションで、舐めることによってピアノの価値を上げようと試みたことが明らかになっている。

11月7日に、マイリー・サイラスはロサンゼルス近郊のセンチュリー・シティーにあるLGBTセンターで開催されたオークションに出席している。

授賞式でヴァンガード賞をすでに受賞したマイリー・サイラスは、ミュージシャン仲間のリンダ・ペリーとともに、サイン付きで、マイリー・サイラスが舐めた白いグランド・ピアノを競売にかけたところ、5万ドル(約600万円)で落札されている。

「ハッピー・ヒッピー・ファウンデーション」の活動が讃えられ、ヴァンガード賞を受賞したマイリー・サイラスは、観客に次のように話している。「他の人のことを気にかけることができるこんなにたくさんの人と同じ部屋に居られることに感謝してもしきれない気持ちでいっぱいです。なぜなら、残念ながら私たちが現在住む世界ではそのようなことがとてもまれだからです」

「今夜は、私たちが成し遂げたことではなく、未来に成し遂げるであろうことに対してお祝いしましょう」

マイリー・サイラスのフル・スピーチはこちらから。

https://www.facebook.com/marcmalkin/videos/10153673128158361/

マイリー・サイラスは6月に、ケイトリン・ジェイナーをモチーフにしたアートワークをエイズのチャリティー・オークションに出品し、4万3000ポンド(約800万円)売り上げている。

近頃マイリー・サイラスは、ザ・フレーミング・リップスをライヴ・バンドに従えて、最新アルバム『マイリー・サイラス・アンド・ハー・デッド・ペッツ』を引っさげたツアーを行うと発表している。マイリー・サイラスと彼女のバンドおよびすべての観客が裸になるというパートのビデオ撮影についても先日、本人たちが語っている。

Copyright © 2019 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ