YouTube

Photo: YouTube

ジャック・ブラックは先日、自身の「アイドル」だというジャック・ブラックの自宅を訪れた時のことを振り返っている。

ジャック・ブラックとカイル・ガスからなるテネイシャスDは今夏にナッシュヴィルにあるサード・マン・レコーズの事務所を訪れて、「伝説的な」楽曲をレコーディングしたことを明かしていた。テネイシャスDは先週、スタジオでのセッションが形となった“Don’t Blow It, Kage”がリリースされており、ジャック・ホワイトは同曲にプロデューサーとして参加している。

現地時間12月9日に「ジミー・キンメル・ライヴ」に出演したジャック・ブラックは今回、ジャック・ホワイトとのレコーディングについてテネイシャスDとして北米ツアーを行っていた頃に実現したものだと語っている。

「『ポスト・アポカリプト』というロック・オペラをリリースして、世界中を回ったんだ。ナッシュヴィルにも立ち寄ったんだけど、その時にジャック・ホワイトから電話をもらってね」とジャック・ブラックは司会のジミー・キンメルに語っている。

「『なあ、もし来られるなら、ここへ来て僕のホーム・スタジオでちょっとした何かをレコーディングしないか?』っていうことを言ってくれたんだ」と彼は続けている。

「それで『ノーとは言えないな』っていうふうになったんだよ。彼はレジェンドだからね。僕のアイドルなんだ。僕はジャック・ホワイトが大好きなんだよ」

ジャック・ブラックは続けて、ジャック・ホワイトのユニークな邸宅を訪れたのはまるでエルヴィス・プレスリーの聖地となっている「グレイスランドを訪れている」ようだったとして次のように語っている。

「すべての部屋が入念に作り込まれていて、魔法やユーモア、奇妙さを感じることができるんだよ……文字通り、あの場所では1インチごとに魔法のような瞬間を感じることができるんだ」

ジャック・ブラックが出演した番組の模様はこちらから。

ジャック・ホワイトとジャック・ブラックは今年、共にツアーの日程を終えて訪れていたヒースロー空港で対面を果たしている。ジャック・ブラックはテネイシャスDのTシャツを掲げる形での写真撮影に応じており、ファンを歓喜させていた。

一方、ジャック・ホワイトは現在、ザ・ラカンターズとして今年6月にリリースした復帰作『ヘルプ・アス・ストレンジャー』を引っ提げたツアーを行っている。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ