GETTY

Photo: GETTY

グリーン・デイは今週テレビ・ゲームに関連した特別な発表が行われることが明らかになっている。

グリーン・デイは現地時間12月12日にロサンゼルスで開催される今年のザ・ゲーム・アウォードの授賞式でチャーチズと共にパフォーマンスを行う予定となっている。

ゲーム情報サイト「プレイステーション・ライフスタイル」によれば、ザ・ゲーム・アウォードの創始者であるジェフ・ケイリーは今回、ビリー・ジョー・アームストロング率いるグリーン・デイが授賞式の当日に「テレビ・ゲームについての最高の発表をする予定」だと示唆したという。

発表についての詳細は現時点で明らかになっていないものの、グリーン・デイはVRのリズム・ゲーム・ソフト「ビート・セイバー」の拡張パックのリリースを発表するのではないかと噂されている。

先月、ジェフ・ケイリーは「ここ数ヶ月の間、バンドと共にゲームにインスピレーションを得たパフォーマンスや発表の準備に取り組んできたんだ」とツイートしていた。

グリーン・デイは2010年にもゲーム業界に進出して、同年にゲーム・ソフト「グリーン・デイ:ロックバンド」が発売されている。「グリーン・デイ:ロックバンド」は『アメリカン・イディオット』と『ドゥーキー』の全収録曲を含むグリーン・デイの一部の楽曲をコントローラーなどを使って演奏するというゲームになっている。

先日、グリーン・デイは現地時間10月30日に行われたマドリード公演で1994年発表の名作『ドゥーキー』の全編演奏ライヴが実現している。

グリーン・デイは通算13作目となるニュー・アルバム『ファザー・オブ・オール…』を2020年2月7日にリリースすることが決定しているほか、同年にはUKを含むヨーロッパと北米でフォール・アウト・ボーイ、ウィーザーと共に大規模なジョイント・ツアー「ヘラ・メガ・ツアー」を行うことも発表されている。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ