GETTY

Photo: GETTY

クリス・コーネルの妻であるヴィッキー・コーネルは未払いになっているロイヤリティの支払いなどをめぐってサウンドガーデンに訴訟を起こしている。

「TMZ」によれば、ヴィッキー・コーネルは現地時間12月9日にフロリダ州の連邦地方裁判所に訴状を提出したという。

ヴィッキー・コーネルは訴状の中で一部の未発表曲の権利を主張しているほか、「紛れもなく」自身や子供たちに受け取る権利がある「多くの金額」のロイヤリティが未払いになっていると主張している。クリス・コーネルは2017年5月17日に自殺で亡くなっている。

「ピッチフォーク」が入手した法廷文書によれば、ヴィッキー・コーネルはその中で、サウンドガーデンのメンバーについて「クリスが亡くなる前に作った特定の音源を彼の遺産管理団体から奪おうとしている」と主張している。

訴状では続けて、権利を主張している当該の音源について「クリス1人に権利がある、クリス本人のヴォーカルが使われたもので、クリスの遺産管理団体に遺されたもの」だと述べられている。

ヴィッキー・コーネルはまた、サウンドガーデンについて「高圧的な手法や嫌がらせ、ロイヤリティの違法な換算や強奪」といった手段を用いながら、自身こそがバンドにとって新曲をリリースする上での妨げになっていると思い込ませようとしているとも主張している。

インスタグラムへの長文の投稿でヴィッキー・コーネルは次のように述べている。「これは私が状況を前に進める上で選択しようとしていた方法ではありません。しかし、私は他の人たちの都合や利益のために引き下がるようなことはしませんし、他の誰かの欲のために、自分の子供たちの将来を犠牲にするつもりもありません。そして、愛する男性があまりに早く私たちのもとを去ってしまったことを理由に、他の誰かから辱められるつもりもありません」

「夫の作品や思い出のために正義を行使するつもりです。子供たちや、私たちが拠って立つすべてのことのためにです。この壊滅的な時に、クリスのそばに寄り添い、私たちを応援し続けてくれているすべての人たちに感謝しています。みなさんからの愛や優しさは決して忘れません。クリス・コーネルよ、永遠に」

この投稿をInstagramで見る

I have been taking time these past few weeks to be grateful for all the good people around me and for those who have lifted me up at the very worst times in my life. The silver lining, during the storm, is finding and appreciating the subtle glow of those who sincerely support you in your life unconditionally. However, sometimes while you grieve the one you physically lost, you realize that you must now grieve the loss of some of those you considered friends and family as well. I am shocked at how often this occurs. It’s not just me, or the rock-star widow, or the political widow; it is the case for the vast majority of women after their partners have passed. It transcends socio-economic class, race, and religion. It is an unpleasant and unfortunately all too common theme. Hard-hearted family members, friends, and business associates; who will exploit a widow’s vulnerability when she’s broken and alone. These other people who have decided that her time is up as well. Through support groups and other widowed friends, and during both difficult and supportive conversations, I have learned that I am not a unique case. This seems to be the inevitable plight of the widow in this world and I cannot help feeling angry, sad and betrayed. I will not be bullied or shamed into silence. I will not accept something so wrong, so lacking in compassion or decency, even with the clear but unspoken threat of social rejection hanging over me. This was not the way I would have chosen to move forward. But I will not be pushed aside for someone else’s convenience or gain. I will not sacrifice our children’s futures for someone else’s greed. And I will not let someone else make me feel shame because the man I loved was taken from all of us too soon. I will do justice by my husband’s work and memory; for our children and for everything we stood for. I want to thank everyone who has stood by Chris and has supported us through this devastating time. Your love and your kindness will never be forgotten. #chriscornell forever ?

Vicky Cornell(@vickycornell)がシェアした投稿 –

今回のニュースはサウンドガーデンのギタリストであるキム・セイルが先月、クリス・コーネルのヴォーカルを使ったサウンドガーデンの新作がリリースされる可能性は「十分にある」と語ったことに続くものとなっている。

「可能性は十分にあるよ。それこそが僕らの取り組んでいたものだからね。言うまでもなく、僕らの中にはもう一枚のアルバムがある。書き上げられた状態のものや、デモの状態のもの、レコーディングされているものがね。それは間違いないよ」

リリースをする上で妨げになっているような問題はあるかと訊かれると、キム・セイルは次のように応じている。「(問題は)ないはずだし、実際にはない。(音源の)ファイルを持っていないという問題以外はね……実現はすると思うし、もうしそうならなかったら馬鹿げているとも思う。ただ、この手の問題は厄介だからね。パートナーシップや資産っていうのはさ」

先日、サウンドガーデンはデペッシュ・モードやノトーリアスB.I.G. 、ナイン・インチ・ネイルズ、ホイットニー・ヒューストンらと共にロックの殿堂入りを果たすアーティストの2020年の候補に名を連ねている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ