GETTY

Photo: GETTY

ノエル・ギャラガーは新たなインタヴューで見た目を保つためにどんな美容法を行っているかという質問に答えている。

現在52歳のノエル・ギャラガーはマット・モーガンによる一問一答形式のインタヴューに応じて、様々な質問に答えている。

その中で、ノエル・ギャラガーは自身の美容法についての質問にも答えており、「自分なりの美容法は何か?」という質問に次のように答えている。

「どうしたらこの見た目でいられるかって?」とノエル・ギャラガーは応じている。「家にいる時は、ツアーに出ている時よりもはるかにマシな食事を摂っているんだ。家では赤身の肉をあまり食べないようにしているんだよ」

「それからジムへも行っているし、かなりストレスのない生活を送っているんだ。ツアー中には喫煙をしたり、酒を飲んだり、クラブ・サンドウィッチやフライドポテト、ハンバーガーを食べたりしているわけでね。そういうわけで、君の質問に対する答えとしては、俺の美容法は見事なものだよ」

同じインタヴューの中で、ノエル・ギャラガーはオアシスのデビュー・アルバム『ディフィニトリー・メイビー』のような比較的ヘヴィーな楽曲のアルバムをまた作る可能性はあると思うかという質問にも答えている。

「もし俺がまたそういう曲を書いたとして、それが良いものなのであれば、ためらいなく作ると思うよ」と彼は応じている。「けど、そういう曲を書いたり、書いた曲がロックな曲になっていたりする時には毎回……オアシスの曲と比較しているようにしているんだ。そこまで良くなかったら、何の意味があるんだ? っていうね」

「前に進み続けなければいけないからね。とはいえ、“Bring It On Down”や“Headshrinker”のような曲をもう一度書く可能性は大いにあるよ」

ノエル・ギャラガーのインタヴュー動画はこちらから。

先日、ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズは2020年にフォレスト・ライヴで一連のライヴを行うことが発表されている。

フォレスト・ライヴはイギリスで全7ヶ所の野外で開催されるフェスティバルで、コンフィデンス・マンをサポート・アクトに迎えたノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズは、6月18日にサフォーク州ブランドン近郊のセットフォード・フォレストで、6月19日にスタッフォードシャー州ラグリー近郊のキャノック・チェイス・フォレストで、6月26日にノッティンガム州マンスフィールド近郊のシャーウッド・パインズで公演を行うという。

ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズは6月24日にブリストル・サウンズの一環でキャノンズ・マーシュ・アンフィシアターで屋外公演を行うことも発表されているほか、6月21日にハムステッド・ヒースを見渡せるロンドンのケンウッド・ハウスでヘリティッジ・ライヴに出演することも決定している。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ