GETTY

Photo: GETTY

ジョン・レノンの死から39年を迎えたことを受けてオノ・ヨーコは追悼の意を表している。

ジョン・レノンは1980年12月8日に自宅のアパートの外で銃撃されている。享年40歳だった。

亡き夫を偲んでオノ・ヨーコはアメリカの銃法制の変革を求めており、ジョン・レノンの死を「胸に穴の空くような体験」と評している。

オノ・ヨーコは次のように述べている。「親愛なる友人たちへ。毎日100人のアメリカ人が銃で撃たれて亡くなっています。私たちはこの美しい国を戦場にしようとしているのです。一緒にアメリカを、平和な緑の地を取り戻しましょう」

オノ・ヨーコはジョン・レノンの死後、140万人の人々が銃で亡くなっている統計もシェアしている。

オノ・ヨーコは次のように続けている。「愛する人を失うのは胸に穴の空くような体験です。39年が経ってもショーンとジュリアンと私は彼のことをなお惜しんでいます。すべての人々が平和に暮らせることを想像してみてください」

昨年、ポール・マッカートニーはザ・ビートルズのバンドメイトだったジョン・レノンを偲んで銃規制を求める「マーチ・フォー・アワー・ライヴス」に参加している。

CNNに今回のデモ行進についてポール・マッカートニーは次のように語っている。「これが僕らにできることであり、だから、こうしてやっているんだ。僕の親友の一人がまさにこの街で銃による暴力で殺害されたんだ。銃の問題は僕にとって重要なことなんだよ」

2018年にジョン・レノンを殺害したマーク・チャップマンは10度目の仮釈放申請が却下されている。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ