Scott Dudelson

Photo: Scott Dudelson

ガンズ・アンド・ローゼズのベーシストであるダフ・マッケイガンは最新作より“Cold Outside”のミュージック・ビデオが公開されている。

ダフ・マッケイガンは今年5月に通算3作目となるソロ・アルバム『テンダネス』をリリースしており、“Cold Outside”は同作に収録されている。

サンクスギビングデー明けのギビングチューズデイであった現地時間12月3日に公開された“Cold Outside”のミュージック・ビデオは、アメリカで増加しているホームレスたちが直面している危機に注意を向ける内容となっている。

ビデオはこれからのホリデー・シーズンに向けて、シアトルで傷ついた人々やホームレスの人々に救急医療や長期にわたる支援策を提供している「ユニオン・ゴスペル・ミッション」が行っている取り組みへの支援を促すものとなっており、ダフ・マッケイガンは同日、慈善活動を支援するサイトである「プロペラ」で「ユニオン・ゴスペル・ミッション」を支援するためのキャンペーンも立ち上げている。

“Cold Outside”のミュージック・ビデオはこちらから。

「初期の頃に俺も同じような経験をしていたんだ」とダフ・マッケイガンは語っている。「それもあって、誰も頼る人がいない時の気持ちは俺にも分かるし、立ち上がるために他の人たちに手を差し伸べてもらわなければいけない時だってあるんだよ。助けを必要としている人たちがいることを多くの人たちが分かっていると思うし、みんなで一緒になって、大きな変化を生み出すことができたらと思っているよ」

ダフ・マッケイガンはこれまでにも「プロペラ」のキャンペーンに参加して多くの品々を提供してきており、収益はすべて「ユニオン・ゴスペル・ミッション」に寄付されている。

「プロペラ」はユーザーが獲得したポイントに応じて返礼を得られる仕組みとなっており、「ユニオン・ゴスペル・ミッション」でのボランティアや、同団体への支援、ソーシャル・メディアでのキャンペーンの拡散、寄付されたメモラビリアの購入などを通じてポイントを集められるというものになっている。ダフ・マッケイガンは今回のキャンペーンのために、サイン入りのリトグラフやサイン入りの『テンダネス』のデラックス盤、『テンダネス』の北米ツアーのTシャツ、リストバンドなどを提供している。

ダフ・マッケイガンが立ち上げているキャンペーンについての詳細はこちらから。

https://www.propeller.la/coldoutside

一方、ガンズ・アンド・ローゼズは先日、再結成ツアーの興行成績が歴代3位となったことが明らかになっている。

ガンズ・アンド・ローゼズは今秋も「ノット・イン・ディス・ライフタイム・ツアー」を行っており、その最新日程は11月2日のラスベガス公演で締めくくられている。世界各地で行われてきたツアーの収益は今回の日程で総額5億8420万ドル(約636億円)に達し、ツアーとして史上3番目の興行収入を記録している。

Copyright © 2019 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ