GETTY

Photo: GETTY

ダフト・パンクはかつてジョージ・マイケルにアルバム『HUMAN AFTER ALL~原点回帰』への参加を依頼していた逸話が明らかになっている。

ダフト・パンクは2005年発表の同作に参加してもらおうとアルバムの制作中にジョージ・マイケルにデモ音源を送っていたといい、その中には後の“Robot Rock”となる音源も含まれていたという。

しかし、ジョージ・マイケルは共に楽曲制作をするためにパリにいるトーマ・バンガルテルとギ=マニュエルのもとを訪れたものの、「M&M’Sを食べただけ」で終わってしまったのだという。

当該のセッションはこれまで公にされていなかったものの、今回、ジョージ・マイケルの共作者で、共同プロデュースも手掛けていたジェームズ・ジャックマンによって当時の逸話が明かされている。

ジェームズ・ジャックマンは1997年からジョージ・マイケルが心不全によって亡くなる2016年まで彼と共に仕事をしていた。彼はジョージ・マイケルの多くの楽曲に携わっており、死後初のシングルとして先月リリースされた“This Is How (We Want You To Get High)”にも参加している。

両者のコラボレーションについてジェームズ・ジャックマンは『クラシック・ポップ』誌に次のように語っている。「ダフト・パンクはジョージに取り組んでもらえないかと一連のデモ音源を彼に送ってきました。当時の音源はジョージのアーカイヴに保管されています。ジョージはセッションのためにパリに向かいました」

ジェームズ・ジャックマンは続けて、帰国したジョージ・マイケルにセッションについて尋ねた時のことを振り返っている。「『どうだった?』と私は彼に尋ねました」と彼は語っている。「ジョージはこう言いました。『ああ、ギ=マニュエルの家にあったクッションに座っていたよ。M&M’Sを食べながらね』と」

ジョージ・マイケルは2005年に『HUMAN AFTER ALL~原点回帰』がリリースされた際、“Robot Rock”の存在にすぐに気が付いたのだといい、ジェームズ・ジャックマンは次のように語っている。「ジョージは“Robot Rock”を聴いて、『ああ、彼らが送ってくれたデモにあった曲だ!』と気が付いたと言っていました」

ジョージ・マイケルはその後間もなくして2004年にアルバム『ペイシェンス』をリリースしており、同作には“Freeek!’04”と題された楽曲が収録されている。“Freeek!’04”はダフト・パンクを彷彿とさせるサウンドとなっており、当時、同曲に共作者と共同プロデューサーとしてクレジットされているザ・ムーギーマンについてダフト・パンクの偽名なのではないかとする噂も巻き起こっていた。

しかし、ジェームズ・ジャックマンはザ・ムーギーマンが自身と、ジョージ・マイケルの定期的なコラボレーターであるナイル・フリンとルアドリ・クシュナンの3人の名前であることを明かして次のように語っている。「“Freeek!’04”はジョージにとって飛躍的な楽曲となっていますが、我々はそれで関心を集めることができればと思っていたのです」と彼は語り、次のように続けている。「『ちょっと突飛なことをやってみよう』と言って取り組んだものでした。ザ・ムーギーマンがダフト・パンクの偽名なのではないかとファンに疑われた時はとても嬉しかったです」

同じインタヴューの中で、ジェームズ・ジャックマンはジョージ・マイケルの未公開音源についてや、彼と長年にわたって仕事をできたことの「名誉」についても語っている。

先月公開された新曲“This Is How (We Want You To Get High)”はワム! の名曲“Last Christmas”をインスピレーションとした映画『ラスト・クリスマス』のサウンドトラックに収録されている楽曲で、エマ・トンプソンがプロデュースと脚本を手掛けた同作のサウンドトラックには“Last Christmas”や“Everything She Wants”を含むワム!の楽曲3曲のほか、ジョージ・マイケルのソロ音源12曲が収録されている。

Copyright © 2019 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ