PRESS

Photo: PRESS

ハインズはカラフルなミュージック・ビデオと共にニュー・シングル“Riding Solo”を公開している。

“Riding Solo”はハインズにとって2018年に単独リリースされたシングル“British Mind”以来の新曲となっている。

マム+ポップからリリースされている“Riding Solo”だが、ツアー中の個々人の孤独について振り返ったものとなっている。「孤独を感じることって、人間の感情で最も共通しているもの一つよね?」とバンドは述べている。

「暮らしの全体が常に移動で、残っている唯一のものといったら自分だけなの。そして、自分と折り合いをつけていくのよ」

“Riding Solo”のミュージック・ビデオはこちらから。

ハインズは次のように続けている。「もちろん、それがどれだけ退屈で腹立たしいものになるかも知ってる。“Riding Solo”はそのことについての曲なの。絶えず移動していて、どこにでもいながら、どこにもいないっていうね。1日のほとんどを知らない人に囲まれて、地元と言える人たちとは9時間の差があり、音楽のために暮らしているのよ」

キーン・ピアース・ショウが監督を務めたミュージック・ビデオは砂漠でバンド・メンバーがカルロッタ・コシアルスを引っ張っていくものとなっている。

“Riding Solo”はこれまでにバット・フォー・ラッシェズやアン・マリーを手掛け、グラミー賞にノミネートされたプロデューサーのジェン・デシルヴェオを迎えてニューヨークでレコーディングされている。

ハインズは来年のビルバオBBKフェスティバルに出演することが発表されており、サード・アルバムのリリースが望まれている。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ