PRESS

Photo: PRESS

ザ・ビートルズは『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』をライヴで演奏しているような印象を得ることのできる体験型イベントが開催されることが決定している。

リヴァプールで開催されるこのイベントは1967年発表の『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』のリミックス版を新たな形で体験できるものになるという。

アルバムがレコーディングされたアビイ・ロード・スタジオを再現するような形で、聴衆を取り囲むスピーカーと共にアルバムはドルビー・アトモスで再生される。

音源はジョージ・マーティンによるオリジナル・テープをグラミー賞を受賞している息子のジャイルズ・マーティンがリミックスしたものとなっている。

「リヴァプールがなければ、『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』もありませんでした。リヴァプールはふさわしい場所と言えるでしょう」とジャイルズ・マーティンは『リヴァプール・エコー』紙に語っている。

「他の何とも違うサウンドスケープの中に聴衆は完全に没入する形となり、自分にとってそれはアナログ盤の中をくぐり抜け、ザ・ビートルズに囲まれた世界に飛び込むようなものを想像してしまいます」

「アビイ・ロード・スタジオ2にいて、ザ・ビートルズがあなたのために演奏するような感じなのです」

アナログ盤から音源をコピーする従来のプロセスでは音質が劣化するが、今回のスペシャル・ミックスは1967年のリリース時と同じ繊細さが得られるという。

イベントはリヴァプールのドクター・マーティン・ルーサー・キング・ビルディングで12月19日から1月9日まで開催される。

『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』については先日、アルバム・ジャケットをテイラー・スウィフトやリル・ナズ・X、ドレイク、カニエ・ウェストが登場する形で改変した作品がドイツ人アーティストのトリッピーステッフによって発表されている。

Copyright © 2019 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ