GETTY

Photo: GETTY

ハイムはロビンの“Show Me Love”をカヴァーしたスタジオ・ライヴ映像が公開されている。

これはBBCラジオ1の番組「ピアノ・セッションズ」のために収録されたもので、自身の最新シングルである“Hallelujah”も披露している。

パフォーマンスの映像はこちらから。

アラナ・ハイムは“Hallelujah”について次のように説明している。「この曲は家族や愛や喪失についての曲で、すべてに感謝している曲なの。この曲のヴァースについては話すのが難しいんだけど、ここで打ち明けたいと思う」

アラナ・ハイムはこの曲について彼女が20歳だった「非常に暗い時期」の体験に基づいた曲だとしている。「不慮の自動車事故で亡くなった親友のサミ・ケイン・クラフトを探そうと、靄のかかった10月の朝に目を覚ますのよ。それは私の人生を永遠に変えてしまうことになる別れだったの」

“Hallelujah”はポール・トーマス・アンダーソンが監督を務めたミュージック・ビデオも公開されている。

“Hallelujah”のミュージック・ビデオはこちらから。

Copyright © 2019 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ