GETTY

Photo: GETTY

モトリー・クルーのシンガーであるヴィンス・ニールは現地時間11月27日に地元であるテネシー州ナッシュヴィルの病院で手の手術を受けたことが明らかになっている。

ヴィンス・ニールはこの日、手術着を着ている写真をインスタグラムに公開して「今日、手の手術を受けるんだ!」とキャプションで述べている。

ヴィンス・ニールは「デュピュイトラン拘縮」というハッシュタグも添えており、デュピュイトラン拘縮の手術を受けたのではないかと見られている。

この投稿をInstagramで見る

Hand Surgery Today!! #vikingdisease #Dupuytrenscontracture #nashville

Vince Neil(@thevinceneil)がシェアした投稿 –

デュピュイトラン拘縮は手のひらにしこりができ、関節を動かせる範囲が制限されてしまうという病気で、北ヨーロッパの人々によくこの症状が見られるために別名「ヴァイキング病」とも呼ばれている。

先日、モトリー・クルーは解散時に結んでいた契約書を文字通り爆破する映像を公開して、再結成することを正式に発表している。

モトリー・クルーは最後のツアーの最終日となった2015年12月31日以来、公演を行っていない。2014年、最後のツアーであることを揺るぎないものにするため、モトリー・クルーの4人のメンバーは「ツアー活動の休止」を定めた契約を結び、どのメンバーも将来モトリー・クルーの名義でパフォーマンスを行わないことを決定していた。

米『ローリング・ストーン』誌によれば、モトリー・クルーはデフ・レパード、ポイズンと共に来年、北米ツアーを回る予定だという。

しかし、モトリー・クルーの詳しいツアー日程については現時点で発表されていない。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ